糖質制限とは?

糖質制限で一番使われているで甘味料、エリスリトールについて

糖質制限で一番使われているで甘味料、エリスリトール。
エリスリトールを糖質制限の食材に使ったのは、我々が日本で一番最初なんですが、この章ではエリスリトールについて解説していきますね。
エリスリトールは、糖アルコールと呼ばれる「糖質」の一種で、自然界では、キノコやワインなどに含まれています。
人為的に製造するときは、ブドウ糖を発酵させて作ります。
エリスリトールは、摂取しても90%以上がそのまま排出され、糖分として体内で代謝されないので、血糖値などにも影響を与えない、カロリー0の甘味料として使われます。
厚生労働省の特別用途食品のための難消化性糖類のエネルギー評価法(平成3年衛新第71号)による測定、および平成8年5月施行の「栄養表示基準」によるエネルギー換算係数においても、そのエネルギー値はいずれも0kcal/gと測定されています。
現在、糖質のなかで唯一の、エネルギー“ゼロ”で、血糖値を上昇させない甘味料です。
因みに糖アルコールには、エリスリトールの他に、キシリトールやマルチトール、ソルビトール、ラクチトールなどがあります。
これらの糖アルコールは、一度に多量に摂取すると、お腹がゆるくなることがあります。
ですが、エリスリトールは、90%以上が小腸で吸収されるので、他の天然甘味料に比べお腹が緩くなりにくい特性があります。
また、糖アルコールの中では、緩下作用や腸内でのガスの発生量が少ないと報告されています。
ただ、これは個人差がかなりあって、全然大丈夫な方もいれば、私みたいにとんでもないことになる人もいます(笑)
なので、初めて使われる方は、少量ずつでお試し頂いた方が無難だと思います、はい。
で。
このエリスリトールに関してなんですが、使用している商品に関して、時折こんなご質問を頂きます。
「焼肉のたれなんですが、糖質は100mlあたり3.8gなのか24.8gなのかどちらなのですか?」
上述のように、エリスリトールは「糖質」 に分類されます。
なので、その食品に含まれる全ての糖質に、エリスリトールが含まれます。
つまり、食品表示上の「糖質」は、エリスリトールを含んだ全ての糖質を書かなければなりません。
これは、「食品表示法」という法律で決まってます。
ところが、先程も書いたとおり、エリスリトールは血糖値に影響を与えません。
「エリスリトールを含んだ全ての糖質」だと、糖尿病の方々が一番重要視される、
「血糖値に影響を与える糖質の量」
が分かりません。
そんな理由があるので、当店では、ホームページと商品に
「エリスリトールを除く糖質」=「血糖値に影響を与える糖質」
を、表記させて頂いてます。
焼き肉のたれだと、この様に記載されています。
【栄養成分】
エネルギー51kcal/たんぱく質3.3g/脂質1.6g/炭水化物25.2g/糖質24.8g/食物繊維0.4g/ナトリウム2047mg/食塩相当量5.2g
※100mlあたり
※エリスリトールを除く糖質3.8g
繰り返しになりますが、エリスリトールは血糖値に影響を与えない糖質です。
それを他の血糖値に影響を与える糖質と一緒に書いてしまうと、実際にどれだけ血糖値が上がるかが分かりません。
なので、
栄養成分に「糖質」
枠外に「エリスリトールを除く糖質」
を記載しております。
蛇足ですが、
「エリスリトールを除く糖質が枠外に記載されているのは分かりにくい!」
とご意見を頂くことがありますが、これは所轄の保健所の指導でこのような場所の記載となっております。
悪しからずご了承ください。

糖質制限の専門ショップ 糖質制限ドットコム