糖質制限とは?

糖質制限にまつわる誤解

ここ数年の糖質制限ブームで、いろいろな糖質制限の“流派”が出てきました。

糖質は絶対に食べちゃ駄目とか、コーヒーにはMCTオイルを入れろとか、
肉を食べるなら赤身にしなさいとか、豆腐食べるなら木綿はダメで絹ごし
がいいとか。

私ども、日本で一番最初に糖質制限を事業として取り組んだ会社ですが、
これらの根拠が全く理解できません。

そもそも、糖質制限は糖尿病の血糖コントロールの為に始まった食事療法です。

現代社会の食生活は、精製された糖質の摂り過ぎになっており、その結果、
糖尿病の増加など様々な弊害が出てきている、だから過剰な糖質の摂取は
控えましょうっていうのが根本的な考え方になってます。

糖質制限というと、糖質を絶対に食べない過激な治療法と誤解する方が
多いですが、決してそうではありません。

糖質をゼロにしろやら一切摂っちゃダメなんて一言も言ってませんし、
ましてや糖質を全否定するわけではありません。

ご家族と一緒で自分だけ糖質制限がやりにくいとか、人それぞれいろんな
事情があって、なかなか糖質制限を貫くなんて難しいと思います。

いくら糖質制限が体にいいからといっても、家族全員で糖質制限に取り組ん
だりすると、エンゲル係数が上昇しすぎて家計がパンクしてしまいます。

特に育ち盛りの子どもがいるご家庭でしたら、米やパンなどを食べない糖質
制限は、現実的な問題として取り組めないのではないかと。

しかしながら、このような状況でも、スナック菓子や清涼飲料水、その他の
お菓子類など、精製炭水化物(糖質)の摂取は減らすことはできます。

つまり、本来食べる必要が無かったこれら精製炭水化物(糖質)の摂取を
見直して、普段の食生活から減らすだけでも、糖質制限に取り組む意義が
あるわけです。

「糖質は悪!」とばかりに極端なことしたり排除するのが糖質制限では
ありませんし、コーヒーにMCTオイル入れるのが糖質制限ではありません。

糖尿病でしたら、自分の血糖コントロールと折り合い付けながら、ダイ
エットや健康目的なら、目標値に向かって上手に糖質と付き合うのが糖質
制限です。

繰り返しになりますが、極端なことをするのが糖質制限ではありませんので、
くれぐれも誤解なさいませんように。

糖質制限の専門ショップ 糖質制限ドットコム